日系カナダ人アーティスと人名録

日系カナダ人アーティスト:人名録(Japanese Canadian Artist Directory)オンラインにようこそ。この人名録サイトは1994年にアイコ・スズキ氏が資料を集め編集し、印刷した日系カナダ人:芸術家人名録,Japanese Canadians in the Arts):職業名簿(A Directory of Professionals) とそれに付随した記録、日系カナダ人文化・人的資源ガイドA Resource Guide to Japanese Canadian Culture を土台に作成された。このデジダル版はもとの人名録よりさらに増補されている。もとの人名録はインターネットが活用される以前に編集されたもので、時代と共に作品が忘れ去られた日系カナダ人アーティストもいる。このデジダルサイトではそのようなアーティストも大切な遺産として収めている。同時に現代のアーティストたちがこのサイトを利用することにより他のアーティストの作品を見ることができ、またお互いに知り合う良い機会を与えるものであろう。

このサイトはさまざまな方法で検索ができる。アーティストやそのグループは主なカテゴリー別に掲載されている。演劇芸術、映像芸術、メデイア芸術、文学、クラフト、伝統芸術などに分けられている。また地域別の分類もある。加えてそれぞれのアーティストたちの主な芸術活動と同時に他に活動しているジャンルがあれば、それも表記されている。キーワードや、または経歴の中の一言の検索で特定のアーティストのページにたどりつく。故人のアーティストの場合は経歴と共に、一世、二世、三世、新移住者という世代別表記がなされ、故人の生きていた時代と芸術活動の時代がおおまかに符号するようになっている。

現代のアーティストの新たな掲載と、または研究者たちが掘り起こした過去のアーティストの名前を掲載していくことによりこのサイトは拡大していくだろう。オンライン人名録はパウエル祭協会(Powell Street Festival Society)トロント日系文化会館(Toronto Japanese Canadian Cultural Center)、そして全カナダ日系人協会(National Association of Japanese Canadians)が推進している。そしてパウエル祭協会がこのサイトを管理している。アーティストの方々のサイトへの登録 HERE と、それぞれの情報の提供を切に求めている。

人名録はなぜ我々の民族性に限るのか、なぜ日系カナダ人に特定するのかと尋ねられるかもしれない。それは日系カナダ人の歴史がもつ喪失、疎外、分断という言葉で説明されなければならないだろう。一世と呼ばれる日本からの勇気ある移住者たちは、西海岸に拠点を置き、日系人社会のなかで希望を持って新しい生活をスタートした。そしてその時代の資源産業であった漁業や森林伐採や農業などに従事し、西海岸に豊かな日系人社会を形成した。これら一世の子供たちである二世は農場や林業の日本人コミュニティー、またバンクーバーにあるパウエルストリートのような日本人街で育った。その後まもなく太平洋戦争が起こる。カナダが日本に宣戦布告をするとカナダ国内の日系カナダ人に対する人種差別的感情は大変激しくなり、カナダ政府はその動きに屈し自らの市民である22,000人の日系市民に圧力をかけ徹底的な差別政策を行った。日系カナダ人は家屋、生活のすべてを剥ぎ取られ、住んでいる所から強制的にブリテイッシュの奥地の収容所、またはアルバーターやマニトバのてんさい畑の中にある収容所へと送られた。そして戦争が終わるとカナダ政府は彼らに収容所からロッキー山脈東側への移住か、または日本への帰還を促した。その結果日系カナダ人はカナダ大陸か、または日本へと散らばり、見知らぬ人々の間に入り生活をゼロから構築することを余儀なくさせられた。このときの二世は特にひどい影響を受けた。彼らは財産を没収されるという恥と汚名を受けただけではなく、親が一生懸命に働き築き上げた生活を再建するという大きな荷を負わなければならなかった。この環境のなかに産まれたのが三世という世代だ。彼らは親から「守られて」育った。親は失ったアイデンティティと日系社会のことを、子供たちがみずから問いを投げかけるまで積極的に話さなかった。しかしこの問いはついに彼らを政治活動に向けさせ、また日系カナダとしてのアイデンティティが模索されることになった。その結果、まるで過去のルネッサンスのように日系カナダ人の間に文芸復興が起こった。またこの三世の世代は、戦後日本からカナダに渡ってきた新しい移住者の波と平行して育った。70年代には日系カナダ人と新しく移住してきた日本人やその子供たちとの間で、文化や価値観、考え方などをお互いに影響し合うこととなった。日本からやって来た世代は「新移住者」と呼ばれ、カナダの芸術にも大きな貢献をなした。彼らの存在はこの人名録のなかにこれからも立証されていくであろう。また日系人の各世代を通して起こった他の人種との婚姻がさらに増した。そして今や、そのすべての日系カナダ人は総称としてHapaとかミックス民族(mixed-race)というような名称で呼ばれるようになった。これらのHapaの存在の一部が三世であり、さらに多いのが四世、五世だ。日系カナダ人社会のなかのこれらのユニークな人達の存在はアートの世界にも意義深い貢献をなしている。

日系カナダ人がこの国に生きた時代の流れの幅は広い、しかしながら一世、二世、三世の歴史の流れに、我々はそれぞれの世代で彼らが背負った時代背景と起こった出来事の特徴をよく理解できるのだ。

この歴史に加えて今日の日系カナダ人のアイデンティティに影響し続けているのが日本文化の伝統芸術である。日本の芸術は大変豊かで洗練されている。そのさまざまな芸術の分野が今日、カナダでも実際に行われている。それらは実に多様で、さまざまな分野に行き渡っている。例えば劇場で上演される歌舞伎、能、または舞踊、建築やデザイン界では簡素主義、庭園造形、音楽では太鼓や尺八、言うまでもなく日本の独自の華道、茶道、書道などである。これらの日本の伝統芸術は日系カナダ人のみならず、世界の芸術界にも影響を与えてきた。

しかしすべての日系カナダ人アーティストがこのような伝統的な日本文化に引き寄せられているわけではない。そのなかには反感を抱いている人もいれば全く無関心の人もいる。しかし、これらの日本文化が彼らの土台となっているのは事実である。初期の一世の時代、日系詩人は俳句でカナダの厳しい自然を表現することを学び、また画家は禅の概念の溶け込んだ感性でカナダの厳しい風景を描写している。日本の伝統芸術に影響を受けたのは日系カナダ人だけではない、日本からやって来た芸術家は日本の芸術をカナダに伝えたいと願い、その優れた教えを受けたカナダ人も少なくない。もとの人名録の中にも日系人ではないが日本の芸術に携わったカナダ人アーティストの名前が掲載されている。そしてこの新しいオンライン人名録にも引き続き日系人以外の芸術家の名前も掲載されていくだろう。

人生…実にすべての人生が詩である。詩を生きているのは我々だ。無意識に日々をひとつの劇のなかのシーンのように、しかも粉々にできない全体のなかに、詩は我々を生き、我々を構成する。これは古い常套句の「あなたの人生を芸術作品にせよ。」とは遠く離れた概念である。我々自身が芸術作品なのである。ーしかし我々は芸術家ではない。

ーLou Andreas Salome, 精神分析医(1861-2037)


日本

日本

これ以上言えないほどに日本と言い尽くせば

日本はほんとうになると思いますか?

ーDavid Kenji, Fujino芸術家(1945-2017)


1994年に日系カナダ人芸術家:人名録は主にアーティストである故アイコ・スズキ氏の尽力とリーダーシップにより発刊された。その公式名はJapanese Canadians in the Arts: A Directory of Professionals;で、日本語では日系カナダ人:芸術家人名録である。表紙は簡素で、灰色、白、赤、そして黒という配色である。字体は‘Century Gothic’を使い、題名のすべては大文字で最初のそれぞれの文字は赤、それに続く文字は白である。日本語の題名はカタカナと漢字で書かれ, Canadaは黒で-カナダ-と表記されている。Lotus Miyashitaがこの本をデザインした。その表紙の色調やスタイルはこの本の性格を表しているようである。カナダと日本の国旗の共通する赤と白である。黒と白は言うなれば確かさ、断定の色と言えよう。そして灰色と言えばどちらとも言える中間を表す色と言えるかも知れない。

約190名の芸術家が当時の人名録に掲載されている。それは彼らが自分の名がこの人名録に掲載されることを承諾し、他のアーティストとジャンルが違っていても、同じであっても互いに繋がることに同意したのである。私自身もその一人であり、私はその人名録に加わりたいと強く願った。しかし私は幸運にもほかの文学者の同人、Joy Kogawa, Roy Kiyooka, Gerry Shikatani, Terry Watada, そして亡くなったDavid Fujinoとも繋がっていた。人名録が一冊送られて来たとき、私はページをすばやくめくり自分の名前や同じジャンルの人々の名前を捜すことによって、自分の天職と自身の属するコミュニティーを確認することができた。その後これは本棚に載せたまま何年も再び見ることはなかった。

一方、私は作家として葛藤していた。私は二つの面で葛藤をしていた。私は日系人でありまたは同時に作家として偽りなく、本物でありたかった。ひとりの人間がいる。そしてメデイアがある。その人はメデイアを使って伝える。しかしこの日系カナダ人は誰なのか。この人は自分が表現しなければ自分が何者かということを一体どのようにして知ることができるだろう。白いスペースがある。人は円を描く。何もなかったところに何かが存在する。無と有がつながって芸術の存在となる。アイコ・スズキも自分のアイデンティティを懸命に求めたが。その大部分は否定的なものであった。しかし1987年の頃、日系カナダ人が戦争の時、彼らに何が起こったかをカナダ国民に知らせる運動を起こし、同時にカナダ政府に対して補償を求めた。それは戦争時にカナダ政府が自国の市民に対してとった不当な扱いについて補償を求めるものであった。日系人が目立ち、身をさらす時でもあった。それまで目立たないようにしていた人々が今やアーティストを含めて目立つようになってきた。 1987年の「しかたがない展覧会」(Hamilton Artists Inc によって主催され、Bryce Kanbaraによって主事された)の目録のなかでアイコ・スズキは次のように言った、

「つい最近になって、私は自分が日系カナダ人の女性アーティストであるという現実の自分の遺伝について考えるようになった。あまりに長い年月の間、私は男性、“Boy’s Clubs”からの見下すような態度に失望させられてきた:そしてまた、あまりに長い間私は次のように応えてきた。『もし私の名前がスズキでないならば、それでもわたしの作品を東洋的呼びますか。』と。今私は、時にはかすかに時にはあからさまに『女性』なこと、また『東洋的』なことをアーティストとしての自分を表す自然な言葉として受け入れるようになった」

彼女のコメントは体裁主義の性格に触れていた。何故なら芸術を産みだすことと、それを分類されるのとは全く違う。アーティストはラベルを貼られることを避けたがる。彼らは何よりも人間として見られたいのだ。しかし一旦自分の作品が世に出ると作品とそれを創作したアーティストは一般的な言葉の枠で語られてしまう。

詩人であり、映像アーティストであるRoy Kiyookaはすぐれた言葉を操る詩人の一人である。同時に彼は自分を日系人一匹狼(nip-loner)と称しカナダの芸術家たち(canart-o)の主流をさまよい歩きながら自分自身のことをこのようにうまく表現していた。勿論アイコのように彼は問う、「我々の成功というのは民族的なことへのリップサービス以上に特色はあるのだろうか?」。言い換えれば日系カナダ人であることが何か流行か、または注目を浴びるために利用する手段なのか。それは日系人の名前が掲載されている日系カナダ人芸術家:人名録が彼には「多様文化主義」に「熱い」世界を利用する意図のように見て取れたからである。

私自身はそのような見方を好まない。Kiyookaは結局のところ「孤立主義者(日系人一匹狼)」であったのだろう。日系カナダ人アーティストが、同じ歴史の背景と影響を持つ日系カナダ人との繋がりがないなら、時として非常に淋しい事である。創作活動は孤独を伴うものであろうが、創作したものを受け入れ、鑑賞してくれるコミュニティーが必要である。

アイコの自己変革と本来彼女が持っている能力、つまり繋がりを作りだすという能力がジャンルの違う、または美的感性の違うアーティスト達をひとつにし、人名録を作ることに導いた。いったんこのアイデイアが表面に出ると、このビジョンを実行するための人々が現れてきた。そして日系カナダ人社会はこの人名録に、時が来たとばかりに心を踊らせた。彼らはこれを日系人社会のネットワークに不可欠なツールと見た。日系カナダ人アーティストの名の下に、これは民族中心主義で、さらに「群れた猫」のようにみえるかもしれないが、人々はこのアイデイアのもとに団結した。Bryce Kanbaraはこの様子を人名録の序にこのように書いている。

「個々に奮闘している日系カナダ人に、文脈と意味を与え、日系人社会を再構築する必要がある。カナダ大陸のいたるとこに、我々の共有する遺産とアイデンティティとコミュニィティーの繋がりがあり、それらの中に我々を照らす芸術のきらめきがある…大事なことは, 我々のコミュニティーを人的資源、創作活動、互いの敬意を共有する連帯として見ることである。」

人々は人名録に鼓舞された。そして更に、データーベースと日系カナダ人の人的資源ガイドの資料を集めるというプロジェクトが進められた。人名録にはアーティスト、人的資源ガイド(当ウエブサイトのView onからの参照)が掲載され、また日系カナダ人が自らのアイデンティティを切り開いた経験の記録、日系人資料が掲載されている。その記録の多くはこの人名録に掲載されているアーティストたちによって書かれたものである。

写真

1994年6月16日トロントのメトロホールに100人以上の人々が人名録の出版を世に送り出すために集まった。アーティストたちのこの記念すべき写真がここで撮られた。連帯と祝いの確かな瞬間であった。

そして時は流れて行った。

瞬く間に時は2017年に飛ぶ。 2017年はカナダ建国記念150年であり、日系カナダ人が強制収容されてから75年が経つ。この1994年の写真の中の、または人名録に掲載されたアーティストの中の数人はすでに亡くなった。2005年にはアイコ・スズキが亡くなり、最近では2017年の春にDavid Fujinoが亡くなっている。 そして多くの方々は白髪になりながらも、それぞれジャンルで長年労し、努力し、展覧会、出版、建築、展示会、コンサート、アルバム、フイルムなどに携わって来た。こうしたことがなされていた一方で、若い世代の人々の間では新しくパワフルなツールが普及した。 ー インターネットである。これによってコミュニケーションは瞬時にできるようになった。しかしインターネットは素晴らしいが、反面に浅い。充分に掲載されていないことや欠如していることがある。

全カナダ日系人協会、パウエル祭、並びにトロント日系カナダ人文化協会が人名録をオンラインで再編することを決めた時、その意図には二重の要素があった。デジダルの再編はもとの人名録にすでに載っているアーティストを掲載すると同時に、人名録に掲載されていないアーティストも芸術活動の記録の証拠、いわば足跡があるなら、デジダルの人名録に掲載するという意図である。若い世代の人達がそれらのアーティストの業績を探す前に、まず人名録で閲覧できるようにするためである。同時にデジダル人名録は、もとの人名録が当時の世代に果した同じ役割りを担う。それは現在活動しているアーティストたちに、コミュニティーやネットワークの繋がりを与え、他のアーティストの努力からインスピレーションを得ることである。 アイコ・スズキの最初の人名録がなしたことは日系カナダ人アーティストのコミュニティーを作ることであった。そして今、デジダルの人名録の再編は過去のアーティストを記憶し、また一方新しい世代のために、芸術を更に探っていくことを目的とする。大事なことは過去の記憶のある年配者が今再び集まり、若者が発見していくことを助けることである。今から約25年前にこのビジョンを信じサポートをした同じ基金母体が、今回も同様にサポートしようと強い熱意を示してくれている。それ故に、この新しいデジダル人名録の再編を後世のために、そう、未来のために強く願う!

Sally Ito